労労災病院の薬剤師の向く人とは?

労災病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 労災病院の薬剤師の向く人とは?

労災病院の薬剤師の向く人とは?

労災病院の薬剤師として向いている人は、勉強熱心でコミュニケーション力が高く、人に優しく接することが出来る人です。

薬剤師として働くには、どこで働いても勉強は欠かせません。しかし、労災を利用する人は年々増えていますし、仕事がきっかけで体調を崩してしまう人、精神的に辛くなってしまう人もとても多くなっています。 新しい治療方法や薬もどんどん増えていっているため、日々の勉強は欠かせません。 特に、抗うつ剤や抗がん剤などは、服用方法を間違えると危険な状態になってしまう可能性があります。 スキルアップのための研修制度も多い病院なので、しっかりと勉強する向上心のある人が向いています。

次に、コミュニケーション能力の高さです。 労災病院をはじめ、入院設備が備わっている病院や院内処方箋が発行される病院は、患者さんとのコミュニケーションも多くなるでしょう。医師から処方された薬の調剤を行って処方するだけではなく、自分自身もチーム医療に関わっているという自覚はとても大切です。そのため、患者さんとしっかりとコミュニケーションをとって仲良く接していかなくてはなりません。 特に入院している患者さんとのコミュニケーションはとても大切です。 社会復帰できるように、薬の処方だけではなく患者さんと仲良くなり、社会復帰を応援する必要があります。

最後に、優しく接することです。 人に優しく接するということは、薬剤師はもちろん、どの仕事でもとても大切なことです。 しかし労災病院の薬剤師として働くと、精神的に弱っている人と多く接することとなるでしょう。睡眠薬や抗うつ剤、精神安定剤といった種類の薬を服用している方も多く、きちんと薬の説明を聞いてもらえないと、効果が出ないところか強い副作用が起こる可能性もあります。

だからこそ、優しく丁寧に接する必要があります。 薬剤師としての仕事は薬の飲み方の指導ですが、ただ淡々と指導するだけではなく、優しく丁寧に治療のサポートをする形での支援が重要です。 きつい口調で指導を受けるよりも、優しく丁寧に指導をして貰ったほうが、頑張って治そう、社会復帰しようという気持ちにもなるはずです。医師や患者だけではなく、薬剤師も薬を通して患者さんと親しくなることが大切です。

労災病院の薬剤師は、患者さんが社会復帰するためのサポートをする仕事です。ただ薬の調合をして説明をするだけではなく、日々勉強を怠らず、患者さんと丁寧に接することが出来る人でなければ向いていません。

労災病院の薬剤師募集情報も豊富!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>労災病院に強い!薬剤師転職エージェントランキングを見る


Copyright (C) 2018 薬剤師労災病院募集ランキング All Rights Reserved.