労災病院の薬剤師で働くデメリットは?

労災病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 労災病院の薬剤師で働くデメリットは?

労災病院の薬剤師で働くデメリットは?

労災病院は、入院患者もいる大きな総合病院ですから、夜勤がある職場です。 調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師は、夜勤はありません。しかし入院患者のいる病院の場合はどうしても夜間の業務も加わってくるため、シフト制で働くこととなるでしょう。 入院患者さんに対して24時間体制で治療を行わなければいけないので、薬剤師も常に待機する必要があります。当然土日もシフト制で勤務しなければいけません。 平日日中のみで働くことが出来ない、完全シフト制で働かなければいけないという点が労災病院薬剤師のデメリットです。

また、労災病院の薬剤師は覚えることが沢山あります。 薬剤師としての給料は平均値程度ですが、総合病院でさまざまな症状の患者さんの調剤を行うため、取り扱う薬の量も豊富です。勉強することが多いという点をやりがいと感じる人もいるでしょうが、仕事はとても忙しく、薬についての知識も日々身につける必要があります。 残業もありますし、決して楽な職場ではありません。労災病院に来る患者さんの中には症状が重い方も多いため、少しのミスが命の危険につながる可能性もあるでしょう。 日々勉強が必要で仕事も忙しく責任が重大な仕事なので、プレッシャーを感じる方が多いのです。

また、労災病院薬剤師は出世をすることが難しいと言われています。 調剤薬局やドラッグストアの薬剤師の場合は、店長などの役職が付くと収入もアップします。 しかし病院で勤務をする薬剤師は店長になることはありません。もちろん薬剤部長を目指すことも可能ですが、労災病院で働く薬剤師は人数も少なく、なかなか退職する人もいないため、薬剤部長になるのはとても大変です。 労災病院の薬剤師は、1人1人が薬のプロフェッショナルとして働いています。だからこそ、誰かがトップに立つということはあまりありません。

労災病院の薬剤師はやりがいがあり、スキルアップもしやすく、沢山勉強が出来る現場です。安定もしていて長年働くことができ、患者さんと寄り添いながら、薬剤師としてのスキルを身に付けたい人にとってはとても良い職場でしょう。 しかし大きな病院だからこそ勤務は辛く、仕事以外の時間も勉強が必要になりますし、夜勤や土日の出勤もあります。 労災病院の薬剤部の人数は少ないため、人間関係で悩んで労災病院薬剤師を辞めるという人もいます。そして、安定はしているけれども給料もそこまで高くなく、高収入も期待は出来ないデメリットがあるのです。

労災病院の薬剤師募集情報も豊富!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>労災病院に強い!薬剤師転職エージェントランキングを見る


Copyright (C) 2018 薬剤師労災病院募集ランキング All Rights Reserved.