労災病院の薬剤師ののやりがいは?

労災病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 労災病院の薬剤師の人間関係は?

労災病院の薬剤師の人間関係は?

薬剤師として働いていると人間関係に悩む人が多いと言われており、その理由はいくつかあります。

まず第一に、薬剤師が行う業務はミスが許されない性質のものだからです。 薬剤師だけではなく、医療関係で働く人はミスが決して許されません。薬剤師の場合は、患者さんに提供する薬の種類や量を少し間違えただけでも副作用が起こるだけではなく、命の危険が生じる場合もあるでしょう。シビアな現場だからこそ、職場に緊張感があり、常にピリピリとした状態となっています。 労災病院の薬剤師は人数も少なく、日に沢山の患者さんの薬の調剤を行います。特に症状が重い人、精神的に辛い人、社会復帰できるか分からない人も多いため、慎重な職場となっています。だからこそ優しく穏やかに働くことが難しいのです。

もちろん仕事が忙しいという点も人間関係が悪化しやすい原因となります。 薬剤師は立ち仕事も多く、疲労が蓄積します。労災病院ともなると、外来患者や入院患者の調剤や服薬指導だけではなく、注射の調剤を行ったり、勉強会を開いたし、薬について医師や看護師と相談をする場面もあるでしょう。 忙しいからこそ、他人を思いやる気持ちが低下してしまい、人間関係が悪化してしまう可能性があります。

そして、労災病院の薬剤師は人事異動がない職場です。普通の会社員であれば人事異動もありますが、労災病院の薬剤部は少人数で運営をしていて人事異動もありません。労災病院薬剤師は特に事情がなければ退職をすることも少ないため、合わない人がいると人間関係で苦労をしてしまうでしょう。 ただでさえ小規模の職場なのに、何年もメンバーが変わらないと苦労をすることも多いはずです。

このように、労災病院薬剤師はミスが許されず、仕事も忙しく、少人数で働く職場のため、人間関係で悩む人は少なくはありません。 ただし、人間関係で悩むのは労災病院の薬剤師だけではありません。これらのデメリットは労災病院だけではなく、どの病院や調剤薬局でもありえる状態なのです。 人間関係で悩んで転職を考える薬剤師は沢山います。

労災病院は、全国に30以上のグループ会社があり、申請をすれば別の病院の労災病院薬剤師として働ける場合もあります。他にも労災病院同士で交流派遣制度というものもあります。 人間関係で悩んだときは、別地域の労災病院で働ける可能性もあります。そのため、人間関係に悩んだときは引っ越して、別の地域で労災病院薬剤師として働くのも良いでしょう。

労災病院の薬剤師募集情報も豊富!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>労災病院に強い!薬剤師転職エージェントランキングを見る


Copyright (C) 2018 薬剤師労災病院募集ランキング All Rights Reserved.