労災病院の薬剤師の志望動機の書き方は?

労災病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 労災病院の薬剤師の志望動機の書き方は?

労災病院の薬剤師の志望動機の書き方は?

労災病院の薬剤師は、募集人数が少なく求人が掲載されることも稀なので、とても競争率の高い職場です。そのため、求人に応募するときの志望動機もとても重要となります。志望動機を記載するときは、なぜ労災病院を希望したのかをきちんと記載しなければいけません。 志望動機を書くときは、他の薬剤師と労災病院薬剤師との違いを把握する必要があります。労災病院薬剤師の主な仕事内容は普通の薬剤師と同じ調剤業務ですが、服薬指導は専門的になります。

労災病院に来る患者さんの中には精神的に辛い状態になっている方や長期治療が必要な方も多いでしょう。また、労災病院薬剤師として働く場合は、薬の専門家として医師たちとチームを組み、患者の治療に専念する必要があります。 そのため、患者さんひとりひとりと寄り添った対応をすることが必要です。長期間治療を行わなければいけない人には、どんな薬を飲んでどんな症状で、どれだけの期間治療しなければいけないのか等を把握したうえでの対応が求められます。

また、労災病院薬剤師は薬以外のことでも患者さんから相談を受ける場合もあります。薬のプロとしてだけではなく、患者さんの味方になって相談に乗る必要もあるでしょう。 様々な薬を取り扱いますが、扱いが難しい薬や副作用が起こる可能性が高い薬もあります。扱いの難しい薬をきちんと指導できることも、労災病院薬剤師としては欠かせません。

労災病院薬剤師としての志望動機では、自分がどのような知識を持った薬剤師で、どんな仕事に長けているのかのアピールが重要です。 調剤薬局などの薬剤師よりも患者さんと密接に関わることになりますし、重い病気の方や治りにくい病気の方も多いでしょう。そういった患者さんと親しく接することが出来るような適性があるかどうかも志望動機に記載をする必要があります。

また、労災病院はスキルアップがしやすい場所でもあります。 さまざまな院内研修を行っていたり、新しい薬剤師の資格取得も積極的に行うことが出来る環境です。そのため、労災病院薬剤師としての志望動機でスキルアップや資格取得も入れると良いでしょう。 労災病院の志望動機で重要なのは、やりがいのある仕事、コミュニケーション能力を生かせる仕事、資格取得を積極的に行える仕事、自分に合っている仕事だということのアピールです。

労災病院薬剤師の仕事を理解し、自分に適性があることを志望動機のなかでも強調していきましょう。

労災病院の薬剤師募集情報も豊富!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>労災病院に強い!薬剤師転職エージェントランキングを見る


Copyright (C) 2018 薬剤師労災病院募集ランキング All Rights Reserved.