労災病院の薬剤師ののやりがいは?

労災病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 労災病院の薬剤師ののやりがいは?

労災病院の薬剤師ののやりがいは?

労災病院の薬剤師は、やりがいを求めたい人にとってはとても良い職場です。

まず、労災病院薬剤師の主な業務は調剤業務です。 調剤薬局で働く薬剤師は処方箋を頂いて調剤を行いますが、労災病院のような大きな総合病院の薬剤師は、一般の調剤薬局では取り扱っていないほど幅が広い処方箋から薬の調剤を行います。 労災病院で働く薬剤師は、医師や看護師とチームを組んで治療を行うため、ただ処方箋どおりに薬を処方するだけではなく、相談しながら患者ひとりひとりにあった薬の提案をしていきます。そのため、やりがいのある仕事といえるでしょう。

また、薬の服薬指導も行います。服薬指導は多くの薬剤師が行う業務ではありますが、労災病院は大きな病院で入院患者さんも多いです。毎日のように顔を合わせている入院患者さんへの薬を、患者さんの状態に合わせて工夫しながら調剤したり指導をしたりしていきます。 労災病院を利用する人の中には、精神安定剤や抗うつ剤、抗がん剤といった服用が難しい薬を飲んでいる人も多いでしょう。信頼して薬を飲んで貰えるようにするのも、労災病院薬剤師の仕事のひとつです。

労災病院薬剤師として働くと、薬剤師としてだけではなく医療チームの一員として働くことが出来ます。大きな総合病院なので、医師、看護師、検査技師などスタッフ一丸となって協力し、対応名関係で意見を出し合い治療を行えます。 外来の患者さんはもちろん、入院患者さんと接する機会も多いため、患者さん一人ひとりに寄り添いながらの薬の提案が行えます。 もちろんかかりつけの薬局になれば、患者さん一人ひとりと接する機会も多くなりますが、入院患者さんが退院し社会復帰できるようにお手伝いをする仕事は、とてもやりがいを感じるものでしょう。

病院は薬局よりも医療の現場に近い立ち位置なので、最新の医療に携わることが出来ます。最新医療に携わるということは日々勉強を積み重ねなければいけませんし、最新のスキルも身につける必要があります。しかしその分十分なやりがいを感じることが出来るのです。 スキルアップのための資格取得を積極的に行えたり、勉強会や研修も多く開かれるのが労災病院の薬剤師です。

やりがいを重視したいのであれば、労災病院をはじめ大きな総合病院はおすすめの場所です。決して楽ではない職場ですが、専門性を活かすことができ、薬剤師としてどんどん向上していけるのが、大きな病院で働く薬剤師のメリットなのではないでしょうか。

労災病院の薬剤師募集情報も豊富!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>労災病院に強い!薬剤師転職エージェントランキングを見る


Copyright (C) 2018 薬剤師労災病院募集ランキング All Rights Reserved.