労災病院の薬剤師の年収・給料は高い?

労災病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 労災病院の薬剤師の年収・給料は高い?

労災病院の薬剤師の年収・給料は高い?

労災病院の薬剤師として働く上で、気になるのが年収でしょう。 転職活動を行うなら、今よりも高い給料で働きたいと思う人が大半です。そのため、労災病院の薬剤師の給料に関しても気になるという人も多いはずです。

労災病院の仕事は激務とは言いませんが、仕事は沢山あります。 調剤と服薬指導という普通の薬剤師としての仕事が主流ではありますが、予防医学の勉強やスキルアップのための研修、患者ひとりひとりのサポート業務も入ってくるので、薬局の薬剤師よりも仕事や勉強は多いのです。

そのため、労災病院の薬剤師は他の薬剤師よりも年収が高いのではと思う方も多いでしょう。 しかし労災病院薬剤師の求人は数が絶対的に少ないため、求人の募集要項でどのくらいの収入を提示しているのかは分かりません。働いている人数が少ないため、労災病院の薬剤師の年収が高いかどうかは明確には分からないのです。

一般的な薬剤師の初任給は20万円ほどで、転職の場合は経験や年齢や資格も考慮されてプラスになることもあります。そこに、扶養手当や通勤手当、住居手当などが加算されますし、病院によっては夜勤手当などが付くところもあるでしょう。労災病院でも、入院している患者さんのために夜勤勤務が出てくる可能性もあります。 6年制の薬学部卒業生か4年制の薬学部卒業生かでも、収入の違いがあります。特に労災病院によっては何年制の薬学部を卒業したかで収入も変わってくるところがあるようなので、薬学部の年数も考慮をしましょう。

薬剤師の平均的な年収は500万円から600万円ほどだと言われています。労災病院の薬剤師だからといって凄く給料が高いというわけではありませんが、低いということもないため、労災病院の薬剤師は平均もしくは平均よりも若干高い収入をもらえるといって良いでしょう。 労災病院だからといって劇的に収入がアップするというわけではないので、そういった点も考慮した上で労災病院に転職をするかどうかを決めてください。安定はしていますが、給料重視で選ぶ職場ではありません。

また、労災病院は全国のどの地域でも運営元が同じですから、地域によって労災病院の薬剤師の年収が変わるということはありません。 そのため、北海道で働く労災病院薬剤師も、東京で働く労災病院薬剤師も同じ給料をもらうことが出来ます。 地域差を考えると、地方の薬剤師は労災病院で働くことで大幅な年収アップにつながる可能性があります。

労災病院の薬剤師募集情報も豊富!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>労災病院に強い!薬剤師転職エージェントランキングを見る


Copyright (C) 2018 薬剤師労災病院募集ランキング All Rights Reserved.