労災病院の薬剤師の福利厚生は充実?

労災病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 労災病院の薬剤師の福利厚生は充実?

労災病院の薬剤師の福利厚生は充実?

労災病院薬剤師は、福利厚生が充実しています。そのため、福利厚生の充実した職場で働きたいのであれば、労災病院薬剤師はおすすめです。

労災病院薬剤師の福利厚生は病院によって異なります。 しかし、各種保健完備、厚生年金基金、財形貯蓄、有給休暇、産前産後や育児休暇や介護休暇など、基本的に福利厚生は全て揃っていると言って良いでしょう。 特に女性であれば、産前産後の休暇や育児休暇が欲しいと感じている方が多いはずです。病院であれば、多くのところが薬剤師の育児休暇、産前産後休暇について協力的です。そのため、労災病院薬剤師は女性が働きやすい職場と言えます。

病院の中に託児所が併設されているとこも増えていますから、働きながら病院で子供を預かることが出来れば、保育園選びに悩むこともなく職場復帰も出来るでしょう。労災病院だけではなく、大きな病院は子供を預けて働きたい看護しも多いため、院内託児所完備のところが増えています。 しかし、労災病院では薬剤師の人数が少ない状態で運営しているところがほとんどです。業務内容が固定されていて、大人数は必要ない職場のため仕方がありません。そのため子育て中の母親薬剤師が、子供が熱を出したり体調不良で調子が悪いなどのときに、急に休みを取れるかどうかは病院によって異なってくるでしょう。

もちろん病院内の託児所には病児保育を行っているところもありますが、全ての労災病院が対応しているというわけではありません。 労災病院薬剤師の福利厚生の一環として、病院敷地内に職員宿舎、ワンルームマンションを完備しているところも増えています。社宅制度は単身者が基本となっていますが、地方などから労災病院薬剤師として転職に来る場合は、宿舎制度はありがたいでしょう。病院敷地内にあると、通勤時間も大幅に削減できるので余裕を持って出社が出来ます。

家族がいる場合は宿舎の利用は出来ませんが、その分住宅手当などが支給されることが多いので安心してください。家賃補助が出るので通常よりも安いか価格で賃貸マンションを契約が可能です。 このように、労災病院薬剤師は基本的な福利厚生がとても充実しています。そのため労災病院薬剤師として働きたい人はとても多いと言って良いでしょう。とても良い職場だからこそ、職場を離れる人が少なく求人情報もほとんど見かけません。労災病院薬剤師として働くには、タイミングよく求人を見つけて面接を受けるしかないのです。

労災病院の薬剤師募集情報も豊富!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>労災病院に強い!薬剤師転職エージェントランキングを見る


Copyright (C) 2018 薬剤師労災病院募集ランキング All Rights Reserved.