労災病院の薬剤師の業務内容は激務?

労災病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 労災病院の薬剤師の業務内容は激務?

労災病院の薬剤師の業務内容は激務?

薬剤師として働く形態は様々にあり、中でも病院に勤める薬剤師は激務が多いと言われています。労災病院の薬剤師も同じように激務なのでしょうか。 労災病院は、一般医療だけではなく、仕事をしているときに病気や怪我をした人のための治療も行っています。そのため薬剤師としての基本業務は、調剤業務です。

労災病院では、窓口に来た人のための処方箋薬の調剤だけではなく、入院患者のための薬や注射薬の調剤も行います。労災病院の中には高度な治療を行っている患者さんもいるので、さまざまな病気に対応した知識が必要となるでしょう。そのため、病院勤務の薬剤師としての専門知識が必要となります。 また、服薬指導も欠かせません。 労災病院に訪れた患者さんは、調剤薬局ではなく労災病院の薬剤師から薬の指導を受ける場合も多いです。そのため、患者さんひとりひとりに合ったアドバイスをし、きちんと服薬の指導を行いましょう。 窓口に来た患者さんだけではなく、入院患者さんが入院中にきちんと薬を飲んでもらうようにするための指導も欠かせません。

労災病院の患者さんは社会復帰するために薬の服用をする方がほとんどです。そのため社会復帰してからでも飲みやすいように、日常生活で支障をきたさないような服薬指導が必要です。副作用に関しても、日常生活で注意するべき部分などをきちんと指導をしましょう。 労災病院の中には精神科や心療内科などが設置している病院も多いです。そのため抗うつ剤を処方することも多いため、服薬指導はとても大切です。 抗うつ剤を服用することでどのような変化が起こるのか、副作用がどの程度起こりのかは服用する患者さんにとってとても大切なことです。

労災病院の薬剤師として働くということは、薬剤師として薬の調剤や指導を行うだけではなく、チーム医療にかかわり医師や看護師と協力して患者さんの治療を行う必要があります。 患者さんが安心して社会復帰できるように、専門家として指導をすることはとても大切です。 病院内には糖尿病教室や生活相談センターが併設されている場合もあるので、薬剤師としてアドバイスを求められることも多いでしょう。

労災病院の薬剤師は、一般的な薬剤師としての業務もありますが労災病院ならではの仕事も沢山あります。特に、関わるのは、仕事中に怪我や病気をしてしまった人の社会復帰を支援することです。 調剤薬局やドラッグストアの薬剤師よりもずっと、患者さんと密接に関わるのが労災病院の薬剤師としての仕事です。激務という訳ではありませんが、入院患者に対する服薬指導などもあるのでやるべき業務は沢山あります。

労災病院の薬剤師募集情報も豊富!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>労災病院に強い!薬剤師転職エージェントランキングを見る


Copyright (C) 2018 薬剤師労災病院募集ランキング All Rights Reserved.