薬剤師労災病院募集ランキング

労災病院の募集情報を知りたい薬剤師さんへ

薬剤師の転職先として「労災病院」という選択肢もあります。安定した生活や薬剤師としてのやりがいを求め労災病院に転職を希望している薬剤師さんは増えています。転職活動はどうすればよいでしょうか?

まず第一歩は薬剤師転職エージェントに登録してみましょう。リクナビ薬剤師は薬剤師専門の転職エージェントの中でも、転職成功実績が豊富で、人材紹介会社としてもトップクラスです。もちろん労災病院の薬剤師募集情報も保有していますので、気軽に相談してみることをオススメします!

労災病院の薬剤師募集情報も豊富!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
「リクナビ薬剤師」は、人材紹介の最大手「リクルート」が運営するサイトで、薬剤師の募集情報を専門に扱ったサイトです。会社自体が薬剤師専門ではないものの、人材紹介会社としての規模は日本随一ですので、豊富なノウハウが強みと言えます。労災病院の薬剤師を始め、ドラッグストアの募集情報なども多く、比較的高収入の求人も多く掲載されているため、収入アップを目指したい薬剤師の方ならチェックしておきたいサイトです。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
「ファルマスタッフ」は、薬剤師の求人に特化した転職エージェントです。求人サイトの多くは様々な分野を手掛ける人材紹介会社が、薬剤師など専門性の高い職業のみのサイトを作っているのに対して、「ファルマスタッフ」の場合は病院関係専門の人材紹介会社が運営するサイトですので、薬剤師の募集数は薬剤師界でも有数のサイトとなっています。また、専門のサイトということで、労災病院のような医療施設など、募集する側からも絶大な信頼を得ています。さらに、薬剤師の試験に多い面接の日程調整や条件交渉などを行ってくれるのも、専門性の高いサイトの特徴と言えるでしょう。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
「薬キャリ」は、薬剤師専門の転職エージェントです。薬剤師の利用者数が非常に多く、転職希望者の登録者数は業界トップと言われています。コンサルタントがエリアごとに分かれているため、細かい情報収集に優れており、サポートも手厚いと評判です。素早い対応も特徴の一つで、転職を急いでいる場合や労災病院などのように募集状況が定期的に変わる場合などで非常に重宝すると言われています。また、高年収や好待遇ながら非公開の求人情報も大量に保有していると言われています。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
「マイナビ薬剤師」は、転職業界最大手「マイナビ」が運営する薬剤師専門の転職支援サイトです。薬剤師に特化した会社ではないものの、転職者がどういった病院や薬局で働くことを希望しているのかなど細かくサポートしてくれるのが特徴です。そのため、初めて転職エージェントを利用する人にとって、心強いサイトと言えるでしょう。労災病院は経験のある薬剤師を募集する傾向が多いので、手助けになるでしょう。

薬剤師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
「薬剤師転職ドットコム」は、調剤薬局関連の大手企業が運営する転職エージェントです。そのため、薬剤師募集情報は膨大で、募集する側からも非常に高い信頼を寄せられています。また、労災病院など病院薬剤師に関する情報の量や質は非常に高く、医療業界の内部事情についても詳細な情報を得ることが可能です。

労災病院の薬剤師の募集は少ない!転職エージェントは必須!



労災病院の募集数は決して多くありません。まず、労災病院自体の数に限りがあります。労災病院は、独立行政法人労働者健康福祉機構が運営している施設で、全国に数十施設しかありません。そして、労災病院に勤務している薬剤師の数も多くはありません。基本的に、ひとつの労災病院に勤務している薬剤師の数は10人以下の施設がほとんどです。そのため、労災病院の薬剤師募集は決して多くはないのです。募集があるとすれば、欠員が出たときのみです。

もし労災病院の薬剤師として働きたいと思う場合は、定期的に近場にある労災病院のサイトを確認することが大切です。労災病院のほとんどは病院の公式サイトがあり、だいたい新規募集についての記載があります。募集がないからといって病院に直接電話をしても意味がありませんから、まずは募集が掲載されるのを待ちましょう。また転職エージェントにも定期的に募集が出るのでこういったサイトへの登録も必須です。


(参照:マイナビ薬剤師※求人検索結果)

労災病院の場合は上記のように募集が掲載されたからといって必ず働けるというわけでもありません。労災病院の求人はとても人気が高く、募集人数も1人や2人と少人数の場合がほとんどです。そのため、事前に面接対策などをしておかなければ受かる可能性は低いでしょう。労災病院の薬剤師として働くためには、求人をチェックすることだけではなく、面接対策も万全にしておくことです。特に今までの薬剤師としての職歴とあわせた自己PRを考えることはとても大切です。少ない求人数だからこそ、確実に受かるために事前に面接対策をしておきましょう。労災病院薬剤師はどんな仕事をするのか調べておくことも大切です。

労災病院の薬剤師になるメリットとは?



労災病院で働くメリットは大きく2つあり、1つはスキルアップしやすいというところと、もう1つは大きな病院なので安定感があるというところです。

スキルアップしたいと思う薬剤師にとって大切なのが、研修制度やスキルアップ報酬です。院内研修制度、院外研修制度が充実している病院であれば働きながらのスキルアップもしやすいですし、新たな資格の取得もしやすいでしょう。薬剤師の資格には、さまざまな研修を受講することで得られる研修認定薬剤師や、各専門分野のエキスパートである専門薬剤師の資格などがありますが、こういった資格の取得も労災病院なら取得可能です。労災病院はスキルアップを重視している施設が多いため、資格取得支援もきちんとしてくれます。スキルアップをしたいと考えている人は、労災病院で働くと良い経験を沢山得られるはずです。

また、労災病院の薬剤師は安定していて安心感があるという意見も多いです。薬剤師は資格職なので、どこに就職をしていてもある程度の安定感は得られます。しかし将来的にスキルアップしたい、長年働き続けたいと思う人によっては、小さな調剤薬局や個人病院は不安があると感じる人もいるでしょう。その点、労災病院は大きな病院なので安心して継続して働くことが出来ます。仕事を失う確率も低いでしょう。

最近は調剤薬局が増え、薬剤師の仕事は薬の調剤と説明のみという場合も増えていますが、労災病院で働くと医師とチームを組んで治療に取り組めますし、患者さんが社会復帰できるように専門家としてのサポートが可能です。薬剤師としてやりがいのある仕事がしたい、患者さんと密接に関わりたいと思っている人にとっても、労災病院の薬剤師はおすすめの職場です。


Copyright (C) 2018 薬剤師労災病院募集ランキング All Rights Reserved.