旭労災病院の薬剤師募集情報

労災病院薬剤師募集TOP >> 労災病院の薬剤師募集情報 ※中部・関西・近畿 >> 旭労災病院

旭労災病院の薬剤師募集情報

旭労災病院は、愛知県尾張旭市にある急性期総合病院です。もともとは昭和35年にじん肺専門病院として設立し、病院周辺の宅地化が進み、総合病院へと発展していきました。また、2019年5月には新病院での診療が開始される予定で、現在新棟整備工事が行われています。この旭労災病院は尾張旭市ではただ一つの公的な病院で、16の診療科があり、ベッド数は250床あります。外来受付時間は午前8時15分から午前11時30分までで、土日祝日と年末年始は休診です。

旭労災病院の基本理念は「信頼される医療、誇れる医学」とあります。患者さんの視点に立って、温かくそして信頼される病院を目指しており、質の高い医療・看護サービスを目指しています。 旭労災病院は早くから周辺の診療所との病診連携システムを構築しています。病診連携システムとは、日常の診察はかかりつけの病院で行い、専門的な検査や手術などを旭労災病院で行うという、一種の分業のようなものです。地域の医療や介護、福祉や行政との関係を大切にしています。また、病気の治療をしながら働けるように支援していくことも重要視している病院です。

2017年には院内保育室を開設しています。これは福利厚生の充実にあたり、職員を対象にした保育室となっています。 旭労災病院には内科や外科、リハビリテーション科など様々な科があります。専門部には栄養管理室や感染管理対策、臨床工学部などがあります。薬剤師が働く薬剤部は、この専門部に分類されています。

旭労災病院の募集情報は、病院のサイト内から検索することが可能です。現在は人手不足と言われている麻酔科の医師や神経内科の医師、放射線科の医師(いずれも正規)を若干名募集しています。定期的な募集というわけではなく、それぞれの医師や職員に欠員がでた場合に補充するという形式です。看護師の場合は、ある程度まとまった人数の募集をかけています。他にも、栄養士や医療相談員、調理補助や保健師など、必要に応じて随時募集しています。

勤務体系は主に午前8時15分から午後5時までで、週休2日制。年次有給休暇や夏期特別休暇などがあります。賞与は年2回支給で、経験者を優遇しているケースが多く見られます。 過去には薬剤師(嘱託)の募集を行っていたようですが、現時点では薬剤師の募集を行っていません。旭労災病院のサイトで募集状況などが掲載されていますので、こまめにチェックしていくといいでしょう。

労災病院の薬剤師募集情報も豊富!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>労災病院に強い!薬剤師転職エージェントランキングを見る


Copyright (C) 2018 薬剤師労災病院募集ランキング All Rights Reserved.