和歌山労災病院の薬剤師募集情報

労災病院薬剤師募集TOP >> 労災病院の薬剤師募集情報 ※中部・関西・近畿 >> 和歌山労災病院

和歌山労災病院の薬剤師募集情報

和歌山労災病院は和歌山県和歌山市にあり、303床の病床や様々な診療科や専門外来を持つ病院です。 和歌山労災病院の薬剤師は、薬剤部で様々な業務をこなしています。主な業務としては「調剤」「入院患者さんへの服薬指導」「薬の血中濃度解析」「抗がん剤の調製」「特殊製剤の調製」「医薬品に関する情報提供」「治験コーディネーター」「チーム医療への参加」などがあります。

「調剤」は、注射薬の調剤や入院患者さんの薬の調剤を行います。なお、外来患者さんの場合は、行きつけの調剤薬局で受け取ってもらうようにしています。 「入院患者さんへの服薬指導」は、入院患者さんやその家族に薬の作用や副作用、飲み方などを説明します。また、副作用などのチェックも行い、安全で効果的な薬物治療を目指しています。

「薬の血中濃度解析」は、特定の薬の血中濃度の解析を行うものです。これを行うことによって、薬の有効性や安全性を高めることができます。そして、医師に情報提供することで、患者さんそれぞれにより合った治療計画を支援することになります。 「抗がん剤の調製」は、抗がん剤の点滴による治療をする患者さんへの点滴注射薬を調製します。がんは心身ともに患者さんに負担を与えることになります。そういった問題をしっかり解決するために、情報提供や治療スケジュール管理も行い、患者さんの生活の質も向上させるよう取り組んでいるのです。

「特殊製剤の調製」は、市販されていない薬の調製を行う業務です。患者さんの症状は人それぞれなので、必ずしも市販されている薬で事足りるということはありません。より安全で、より患者さんに適した薬を処方するために必要な業務となります。 「医薬品に関する情報提供」は、患者さんのみならず医師や看護師など医療スタッフに対して医薬品に関する最新の情報をリアルタイムで提供します。他にも、糖尿病や妊娠・授乳に関する講義を行い、関係者への情報提供にも努めています。

開発中の薬を実際に使用することで薬の効果や副作用などを確認していく臨床試験を「治験」といいます。「治験コーディネーター」は、患者さんが治験を安全に参加できるよう、内容の説明やスケジュール管理などを行います。 そして、医師や看護師、栄養士など、薬剤師を含めた病院全体で医療に関わる「チーム医療への参加」の積極的に行われています。

現在、和歌山労災病院では薬剤師の募集は行われていません。サイトには職員の募集が掲載されていますので、こまめにチェックすることをおすすめします。

労災病院の薬剤師募集情報も豊富!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

>>>労災病院に強い!薬剤師転職エージェントランキングを見る


Copyright (C) 2018 薬剤師労災病院募集ランキング All Rights Reserved.